Home >

本 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

吉岡書店

  • 2010-04-23 (Fri)
物理系の方には有名な吉岡書店について。

吉岡書店は京大の本部キャンパスと北部キャンパスの間の道路にある物理・数学系の本の出版社で、古本販売も行っています。
たぶん京大生には、古本屋ってイメージが強いと思います。

先日、この吉岡書店に本を売りに行った際、本を鑑定してくれたおじさんの話を聞けたので、紹介します。


【古本販売】
・僕が見た感じでは、定価の2,3割で買い取って、6,7割くらいで販売している。
・京大の近くにあるので、京大の授業の教科書は回転率がよさそう。授業の教科書なら基本確実に買い取ってもらえる。
・生きている本は買いとるが、死んでいる本は買い取らない。
⇒生きている本とは、古いがまだ読まれている本、古いが絶版等で少ない本(収集的な意味で価値)などのことらしいです。当然、新しい本は生きている本です。
⇒死んでいる本とは、古くて時代に取り残されている本です。
・古い本では、工学系や医学系は古くなると新しいことが分かったりして価値がなくなる本が多いが、数学系や物理系の本は息が長い本が多い。
・需要があっても絶版になる本もある。(それを専門にしている人が少なく、ある研究室では使われるが隣の研究室では全然読まれないような本)
・基本メインの建物の一階に一人、二階に二人、別館(理系専門書)に一人、人がいる。本を売る時はメインの建物の2階に行って、鑑定してもらう。


【出版】
・たぶん年に2,3冊出版しています。 古本でよく儲かったらたくさん出せるとのこと。→ってことは、出版は赤字ってこと?
・基本、息の長い本を出すようにしている。(物理系がメイン)
・出版から一年目は図書館分があって、ある程度は売れるが、二年目からは減る。(当然、図書館は基本一回しか買わないので。) 一年目は、図書館500、個人200くらい? 二年目以降は200?
・メインの建物の二階で編集とかしている。


話をしてくれたおじさんは出版する本にポリシーを持ってる感じで、面白い話がきけました。

吉岡書店の営業時間は
平日、土曜日は10:00~18:30
日曜、祝日は13:00~18:30
です。

以上、吉岡書店の宣伝でした。

挫折

  • 2010-04-08 (Thu)
風間「相対性理論入門講義」(培風館)で特殊が終わったし、テンソルもある程度理解したので、佐藤先生の相対論に戻ったけど、5章くらいからまたついていけなくなった↓
リーマン幾何学もいまいちピンとこない。
佐藤先生の本は、僕みたいな凡人ではテンソルとか幾何学の予備知識ないと相対論の一冊目としては無理な気がする。

で、仕方ないんで本変えようと思ってランダウ、リフシッツの「場の古典論」に。

記述がスマートで、整理されているので読みやすい。ただ、物理的意味があまり書かれていない気がした。
気持ちよく読んでたのに擬テンソル、軸性ベクトルとかのあたりで急に分からなくなった。
1章で挫折wwww



死にたい.........


2冊連続で途中放棄はつらいです。
誰かエロい人、僕みたいなバカでも分かる一般まで書かれている相対論の本教えてください。


以下グチ。
・なんか相対論の本って量子力学なんかと比べると少ない気がする。あと、統計力学も少ない気が。
・ランダウ、リフシッツは他の教科書と違う定義を使うのをやめて欲しい。「力学」だとpoisson bracketが違ってたし、世界間隔の定義が違うし。混乱する(´・ω・`)
・「りふしっつ」を変換しても、ちゃんとリフシッツにならない。MSの日本語入力は糞。


明日から本気だす!

新着図書:3月後半

  • 2010-03-22 (Mon)
カントがつかんだ、落ちるリンゴ ―観測と理解―カントがつかんだ、落ちるリンゴ ―観測と理解―
(2010/03/19)
渡辺嘉二郎


あまり詳しい歴史的なことは知らないけど、物理って基本的に数学的な方向から発展してきてる気がする。
哲学的な思考から物理は発展させれないのかな?僕は数学的方向からアプローチしたいけど。。。





高校生のための東大授業ライブ 純情編
高校生のための東大授業ライブ 純情編(2010/04/07)
東京大学教養学部



高校生のための東大授業ライブ 熱血編高校生のための東大授業ライブ 熱血編
(2010/03/20)
東京大学教養学部


東大に行ってみたいです(。→‿ฺ←。)





応用解析ハンドブック応用解析ハンドブック
(2010/02)
増田 久弥



新着図書:3月前半

  • 2010-03-20 (Sat)
これから、半月おきくらいに自分用のメモに新着図書を紹介していきます。
物理、数学系が中心になると思います。




50人の物理学者50人の物理学者
(2010/02/18)
I. ジェイムズ

商品詳細を見る

本屋で少し見たけど、読み物としては少し読みにくいかも。読むとしたら、物理の歴史の辞書的な使い方かな。
ほしいけど、高いし買いません。





“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ
(2010/03/12)
H スベンスマルクN コールター


なんか、ありがちなタイトル。





復刊 整数論入門復刊 整数論入門
(2010/02/10)
ヴィノグラードフ


最近、代数がすごく勉強したい。でも、数学って勉強するの時間かかるし、物理しなきゃいけないし。。。





曲線とソリトン (開かれた数学)曲線とソリトン (開かれた数学)
(2010/03)
井ノ口 順一



なんか、うまく画像が揃わない>< すいません。

物理参考書Wiki

  • 2010-02-19 (Fri)
前から作ろうと思っていた物理系の参考書のまとめですが、はじめは普通のwebpageで作ろうとしてたんですが、めんどくさくなって、wikiで作ることにしました。(wikiwikiのレンタル鯖を利用してます。)
まとめといっても自分用のメモです。基本、内容的なものじゃなくて、リンク集みたいになると思います。

物理参考書 Wiki*



wikiつながりで。
輪読 Wiki ってのができてるんで、もしよかったら利用してみてください。
まだ、できたばかりで、これからどうなるか分かりませんが、楽しみですね。

Home >

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。